So-net無料ブログ作成
検索選択
パリ編 12月 ブログトップ
前の5件 | -

パリ最終日 さよなら、パリ [パリ編 12月]

 出発の朝は、どんよりと曇り。
10時にアパートを出ると、予約しておいたタクシーがちょうどやってくるところでした。

パリのタクシーの運転手(大体オヤジ)は、いろいろ話しかけてきて、片言で答えているうちに言葉の限界を迎えて気まず~い沈黙になってしまうことが多いのですが、今日の人は中国系の人で、話もせずに運転に専念してくれているのでじっくり景色を見ることができました。

 パリの街を普通に抜けていくには、避けようとしても絶対観光名所を通らなくてはなりません。コンコルド広場の観覧車を眺め、川向こうにオルセーを見て、タクシーは郊外へと向かっていきます。

 だんだん霧が濃くなってきて、こんなので飛行機飛ぶのかな?と思っているうちに空港に到着。バゲージは21.5キロ、何とか許してもらい(ほんとは20キロまで)おも~い手荷物を持って飛行機に乗り込みました。

 2ヵ月半の大イベントはあっけなく終わったのでした。
無事に帰国しました。お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
ブログを見てくださった皆様にも、お礼申し上げます。

そして年明けからは、カノウの胃袋 a  Kyoto として再スタートする予定です。
それではまた・・・・
 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パリ第70日 そしてとうとう・・・最後の晩餐 a Paris [パリ編 12月]

一番仲の良かった友達が帰った後、ごそごそ荷造り。
そして最後の晩御飯は、大好きなパン屋さんのバゲットと、タラマ、コンテチーズ。そしてもちろんワイン。なんだか大晦日の気分。
                    

全然関係ないけど、夜のニュースでなぜか日本の雑誌「婦人画報」を特集してました。たしかあの雑誌は100号かなんかになってたよね・・・ そして出版元のアシェット社はもともとフランスの会社だし・・・ たぶんそれででしょう。でもおかしかったのは、フランス語ではHの音を発音しないで読むので、「FUJIN GAHOU」 は「フジンガオー」なのです。おおまじめにガオーガオーやってました。

 パン屋で買ったフラン fran もっちりしたプリンみたいなお菓子 と、友達がもって来てくれた クグロフ。アルザス地方の銘菓なのですが、パリでアルザス地方のパンを売るお店を見つけたと言うことで買ってきてくれました。明日の朝ごはんに・・・・

 荷物は最終的に21キロぐらいになりそう。
すんなり飛行機に乗れるかしら・・・
今夜は特別静かな晩に感じます。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パリ第69日 3日で2リットルは飲んだかなぁ。 [パリ編 12月]

 金曜の夜は、語学のクラスのみんなとご飯。
イタリアンでした。店のおじさんが撮ってくれた写真、とっても手ブレ~

 その席でアリ(アメリカ人)に、私の作ったフォアグラのテリーヌをおすそ分けする約束をしたので、翌日待ち合わせの市庁舎前 hotel de ville へ。
 この日は快晴。晴れる日とそうでない日の違いはものすごいです。寒かったけど、てくてく歩いてみました。
ノートルダム寺院前。
大きなツリーがありました。夜はきっときれいだろうな・・・

 テリーヌを渡し、少し話をして、別れ際アリは、「サンフランシスコに来たときはぜひ電話して。僕の名前は、シスコに一軒しかないから、イエローページで調べればすぐ分かるよ。」
そのときはなんとも思わなかったけど、今思い返すと何であの時教えてくれなかったの?これって遠まわしな拒絶ってこと???!!まあ真面目なアリに限ってそんなことはしないと思うけど、・・・今度メールで聞いてみよう。
 帰り道、どうしても食べたかったケバブサンドを買いに行きました。羊の薄切り肉、玉ねぎ、トマトポテトフライなどをはさんだトルコやギリシャのサンドイッチです。おいしーんですが、いかんせんスパイシーなので日本で言うところの551の蓬莱とかマクドナルドのハンバーガー並みの匂いを放ちます。よって地下鉄やバスには乗りにくい。20分ほどの距離をアパートまで歩いて帰ったのでした。でもうまかった。

 その夜、20区のパクさんのお店に行きました。
パクさんちの近所の教会。
はじめて見ました。電飾でちかちか光ってる教会・・・ 内側からも明かりをつけていて、ステンドグラスが外側からも見えるようになってました。
その後、6区に移動してみんなでタイ料理を食べました。いっつも空いてて、でも意外とうまいという穴場の場所。ほんとおいしかったです。辛さはほどほど。

そして日曜日。私と友人はモンジュ広場 place monge の朝市へ行きました。
                     
セネガルのカレー屋さんやブルターニュ地方のりんご屋さんなど、地方色豊かでした。今晩、私のアパートでご飯会をするのでその材料調達にやってきたのですが、あまりの寒さにパンとドライフルーツを買った時点てギブアップ。残りはボンマルシェで買い物したのでした。

 お世話になった皆さんと小さなビュッシュドノエルを囲んで・・・・・ 飲みましたねぇ。ベルギーのマニュビールも1本(750ml)残ってたので、空けちゃいました。
ほんとにたくさんの方にお世話になり、お別れを言って、・・・ 感謝感謝です。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パリ第66日 どんどん終わってく [パリ編 12月]

                      
 昨晩、語学のクラスを終了しました。言葉って、やはり2ヶ月やそこらで何とかなるものではないけれど(やっぱり半年ぐらいはいないとだめみたいです)、先生のソフィーに「がんばったね」と言っていただけたのでよかった・・・ 小規模だけど、親切でいい学校でした。

そしてフランソワーズのとこは今日が最終日。
教室の扉を開けると、なんだかやたら明るい・・・?フランス雑誌の取材もかねていたのでした。明るかったのはカメラのライトのせい。
それなのにフランソワーズ、風邪でお相撲さんかと思うほどすごい声。しかもワインをがぶがぶ飲むから、余計声が出なくて大変そうでした。(薬を買いに行ったら「しゃべるな」と言われたらしい・・・)
きょうはノエル前らしく、ちょっと凝ってて豪勢なメニューでした。
 ロゼヴァル種のじゃがいもと平茸のガトー仕立て gateau de roseval aux pleurotes
※うまかったので写真を撮るのを忘れて食べてしまい、こんなことに・・・ 
 貝を使った鯛のファルシ daurade  farcie aux coquillages
 りんごの薄焼きタルト/マンゴーのタルトタタン tarte fine aux pommes / tarte tatin aux mangues

教室の後身支度をしていると、取材に来ていたカメラマンの男性が、「良かったら今日撮った写真をメールで送ってあげる」といってくれました。私が今回最後だと言っていたのを聞いていてくれたようでした。もちろんお願いしました。

 そしてそして。
フランソワーズから修了証をいただきました。
                     
パソコンでプリントアウトした簡単なものですが、心遣いが嬉しかった。
実はフランソワーズは年齢的なこともあって近い将来教室を閉めたいと思っているのを聞いているので、おそらくここで彼女に料理を教わることはもうないのです。そう思うと、帰りの地下鉄ですごく寂しくなりました。メールでやり取りできる世の中とはいえ、なんだか・・・

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パリ第64日 最後の遠足 [パリ編 12月]

 パリから電車で1時間の街、シャルトルに行ってきました。 シャルトルブルーと言われる、この町の大聖堂のステンドグラスをぜひ見ておきたかったので。
大聖堂に到着したのは午後2時ごろ。
中に入ると、・・・・真っ暗???ちょうど昼休みにかかっていたようで、他に人影もなく、怖いくらいの静けさの中、見えてきたものは・・・
 聖堂中、ステンドグラスだらけ。壮観。
          
息をのむ美しさ、とはこのことかという感じでした。今日は曇りで、それほど日が差していたわけではなかったのですが・・・
         
この美しさは到底写真では伝えきれません。実際に見ると、トーンがまさに青、なのです。すいこまれそうな、これがシャルトルブルー。
 これも、浮かび上がる感じは出ていますが、肝心の青がうまく写らなくてとても残念。でも、こんな風に本当に影絵のように見えました。
ツアーの人たちが来て少し騒がしくなってきたので、大聖堂を後にしました。

感動しつつ、シャルトルの街をぶらぶら。
落ち着いた町並みで、人が少なくて、中世とまでは行かないけど古い建物がいい感じでした。

 もう一度大聖堂に戻ってみると、なんか感じが違う・・・  さっきより曇ったのか暗くなったので、堂内に灯りがつけられていたのです。内部が見やすくなったけれど、やはり自然光で、それもあの静けさの中で見たさっきのステンドグラスとは雲泥の差でした。

 日本人のツアーがいるなーと思いながら再度聖堂を出てみると、前の広場に100人ほどの黒い団体が・・・   日本の修学旅行生だったようです。(制服だったので)はっきり言ってこわかった。近くのお土産屋さんでも、黒、黒、黒・・・ 有料のトイレの前で「払わなくてもいーよねっ」なんて言ってるのがいたりして・・・・ 高校の修学旅行でわざわざ海外に来る必要があるのか、すごく疑問に思いました。マナーもできてないのに・・・    でも、これがいい経験になって将来「留学する」っていう子もいるのでしょうね。そう思うとむげに否定はできないけど・・・  でもやっぱり異様でした。黒い軍団。

何はともあれ、私とシャルトルブルーとの出会い最高!でした。よかったよかった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - パリ編 12月 ブログトップ